M5をiPad ProとMacだけではなくApple独自AIサーバーに搭載と噂

M5 A19_1200

2025年に量産開始される見通しのM5について、搭載が噂されているiPad ProやMacだけではなく、Apple独自の人工知能(AI)サーバー向けチップとしても活用されるとの予想が伝えられています。

目次

新型MacとAIサーバーにM5を搭載か

サプライチェーンからの情報によれば、AppleはM5の製造をTSMCに委託し、2025年後半に量産を開始、新型MacとAIサーバーに搭載することを検討している模様です。

M5については既に、iPad Pro(M5)が2025年10月〜11月に発売されるとの予想が伝えられていました。

アナリストはM5ではなくM4と予想

一方、Haitongのアナリストであるジェフ・プー氏は、Appleが2025年後半にAIサーバーへの搭載を予定しているのはM4と指摘しています。

現在のAIサーバーはM2 Ultraが稼働中

現在のAIサーバーでは、M2 Ultraが稼働していることです。

予想通りであれば、これが来年後半にはM4かM5に移行することになります。

M5である場合、M2 Ultraを置き換えられるほどに遜色ない性能を持ち、汎用性が高いチップになると考えられます。

Source:DigiTimes via MacRumors

Photo:FlashFly

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

目次