Apple Ringの本格的な開発がもうすぐ開始か!スマートリング市場がアツい

    apple ring

    Appleが、ユーザーのヘルスケア情報を取得するための新たなリング型のデバイスをを発売する見通しであることが判明しました。SamsungもGalaxy Ringなるデバイスをすでに発表済みで、スマートリング市場が今後盛り上がりを見せるかもしれません。

    目次

    常に装着できるのが魅力

    スマートリングとは、センサー、近距離無線通信(NFC)、心拍数測定などを内蔵し、非接触決済も行える新たなウェアラブルデバイスのカテゴリです。スマートウォッチよりも長時間の装着が容易であるため、より精密なヘルスケア情報の測定が行えるのが魅力とされています。
     
    韓国メディアETNewsは、SamsungとAppleのスマートリング市場参戦で、本格的なデバイスの大衆化が実現すると報じています。
     
    記事の中では、Appleスマートリングについて、すでに関連特許が取得されており、商品化のための先行開発が始まる日も近いとしています。

    現在最もシェアが高いのはフィンランド企業Oura

    スマートリング市場を現時点で率いているのはフィンランドのヘルスケア企業Ouraで、同社はヘリテッジとホライズンの2種類のOura Ringを販売しています。
     
    oura ring
     
    Oura Ringには睡眠トラッキング、就寝ガイダンス、病気の早期発見、アクティビティの追跡、心臓のヘルスケアなど、様々な機能が盛り込まれています。
     
    Oura Ringは日本でも購入可能となっており、299ドル〜(約45,000円〜)となっています。サイズを選択するにあたっては、無料のサイジングキットを注文することができるようになっています。
     
     
    Photo:Oura Ring

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次