2023年9月18日10:36公開 / 2023年9月23日05:15更新

読了まで 518

【まとめ】Apple Watch Series 9をSeries 8と比較〜変更点は

Apple Watch S9 S8 compare_6


 
Appleが2023年9月12日午前2時から開催したイベントで、Apple Watch Series 9を発表しました。
 
この記事では、Apple Watch Series 9を前モデルであるApple Watch Series 8と比較し、変更点を確認します。

■3行で分かる、この記事のポイント
1. Apple Watch Series 9を前モデルであるApple Watch Series 8と比較した。
2. Apple Watch Series 9の最大の変更点は、システム・イン・パッケージ(SiP)としてS9 SiPを搭載したこと。
3. S9 SiPの性能を活かし、「ダブルタップ」や、オフライン状態でのSiriが実現された。

Apple Watch Series 9のスペックを確認

Apple Watch Series 9の予約受付は9月13日(水)に開始されており、9月22日(金)に発売されます。
 
Apple Watch Series 9はS9 SiPを搭載、Apple Watch Series 6が搭載したS6 SiP以来の新しいSiPになったことで、新しい機能「ダブルタップ」や、オフライン状態でのSiriの利用が可能になりました。
 
▼ケース・カラー
▼ディスプレイ
▼プロセッサとチップ
▼ストレージ容量
▼生体センサーとヘルスケア
▼通報と検出、耐水・防塵性能
▼通信とGPS
▼充電・駆動時間
 

ケース・カラー

Apple Watch Series 9のケースサイズは、Apple Watch Series 8と同じ41mmおよび45mmです。
 
Apple Watch Series 9は、アルミニウムモデルに新しいカラーとして「ピンク」をラインナップしました。
 

Apple Watch Series 8 Apple Watch Series 9
ケース 41mmまたは45mmケース 41mmまたは45mmケース
カラー
(アルミニウム)
ミッドナイト 
スターライト 
シルバー 
(PRODUCT)RED
ピンク 
ミッドナイト 
スターライト 
シルバー 
(PRODUCT)RED
カラー
(ステンレススチール)
グラファイト 
ゴールド 
シルバー 
グラファイト 
ゴールド 
シルバー 

 
Apple Watch S9 S8 compare_7
 

ディスプレイ

Apple Watch Series 9は、ディスプレイの明るさがApple Watch Series 8の2倍となる2,000ニトに向上しています。
 
Apple Watch Series 9のディスプレイ用ガラスの素材はApple Watch Series 8と同じですので、対擦過性はステンレススチールモデルのサファイアクリスタルディスプレイが優れています。
 

Apple Watch Series 8 Apple Watch Series 9
ディスプレイ LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ 
最大1,000ニト 
LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ 
最大2,000ニト 
ガラス
(アルミニウム)
Ion-Xガラスディスプレイ Ion-Xガラスディスプレイ
ガラス
(ステンレススチール)
サファイアクリスタルディスプレイ サファイアクリスタルディスプレイ

 
Apple Watch S9 S8 compare_2
 

プロセッサとチップ

Apple Watch Series 9にはS9 SiPが搭載、A13 BionicベースだったS8 SiPからA15 Bionicベースのものへと進化しました。
 
また、超広帯域チップも第2世代のものとなりました。
 

Apple Watch Series 8 Apple Watch Series 9
プロセッサ S8 SiP
(64ビット
デュアルコア
プロセッサ搭載)
S9 SiP
(64ビット
デュアルコア
プロセッサ搭載)
ワイヤレスチップ W3 W3
超広帯域チップ U1チップ 第2世代の
超広帯域チップ

 
Apple Watch S9 S8 compare_1
 

ストレージ容量

Apple Watch Series 9はストレージ容量も増加しており、Apple Watch Series 8の2倍となる64GBになっています。
 

Apple Watch Series 8 Apple Watch Series 9
ストレージ 32GB 64GB

 
Apple Watch S9 S8 compare_9
 

生体センサーとヘルスケア

Apple Watch Series 9で利用可能なヘルスケア機能はApple Watch Series 8と変わらず、血圧測定や血糖値測定が実現するのは数年先になると噂されています。
 

Apple Watch Series 8 Apple Watch Series 9
生体センサー 皮膚温センサー
血中酸素ウェルネスセンサー
電気心拍センサー
第3世代の光学式心拍センサー
皮膚温センサー
血中酸素ウェルネスセンサー
電気心拍センサー
第3世代の光学式心拍センサー
ヘルスケア 高心拍数と低心拍数の通知
不規則な心拍リズムの通知
心電図アプリ
睡眠ステージ
高心拍数と低心拍数の通知
不規則な心拍リズムの通知
心電図アプリ
睡眠ステージ

 
Apple Watch S9 S8 compare_3
 

通報と検出、耐水・防塵性能

Apple Watch Series 9の安全機能と耐水・防塵性能は、Apple Watch Series 8と同じです。

Apple Watch Series 8 Apple Watch Series 9
耐水・防塵性能 50メートルの耐水性能
IP6X
50メートルの耐水性能
IP6X
通報と検出 海外における緊急通報
緊急SOS
衝突事故検出
転倒検出
海外における緊急通報
緊急SOS
衝突事故検出
転倒検出

 
Apple Watch S9 S8 compare_5
 

通信とGPS

Apple Watch Series 9は、GPS+Cellularモデルにおいて5Gに対応するとの噂がありましたが、Apple Watch Series 8との違いはありません。
 

Apple Watch Series 8 Apple Watch Series 9
通信 LTE
UMTS
Wi-Fi 4(802.11n)
Bluetooth 5.3
LTE
UMTS
Wi-Fi 4(802.11n)
Bluetooth 5.3
GPS GPS/GNSS
コンパス
常時計測の高度計
GPS/GNSS
コンパス
常時計測の高度計
内蔵スピーカーと
マイク

 
Apple Watch S9 S8 compare_4
 

充電・駆動時間

Apple Watch Series 9に搭載されたS9 SiPは電力効率が向上しており、Apple Watch Series 8よりもバッテリー駆動時間が長くなると期待されていますが、Appleの公称値はこれまでと同じです。
 

Apple Watch Series 8 Apple Watch Series 9
高速充電
動作時間 最大18時間
低電力モードで
最大36時間
最大18時間
低電力モードで
最大36時間

 
Apple Watch S9 S8 compare_8
 
 
Source:Apple
(FT729)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる