【iOS17】正式リリース時に使えない3つの機能とは?

iOS17

iOS17
 
iOS17は現在開発者と登録ユーザー向けにベータ版が公開中で、正式版はiPhone15シリーズの発表と同時にリリースされる見通しです。
 
しかしAppleが世界開発者会議(WWDC23)で発表したiOS17の新機能のうち、正式公開時にはまだ使えないものが3つあります

■3行で分かる、この記事のポイント
1. iOS17の正式リリース時には使えない機能が3つある。
2. 日記アプリ「ジャーナル」のリリースは年内。
3. AirDropの拡張機能、ミュージックの新たな共有機能も年内追加予定。

iOS17正式リリース時には提供されない機能

日記アプリ「ジャーナル」


 
「ジャーナル」は、日々の自分の記録をより簡単に残すための日記アプリです。
 
デバイス上の機械学習を使って、iPhoneが写真、音楽、ワークアウトなどのデータを分析、何を日記に記すべきかのアイディアを提案してくれます。
 
ジャーナルはロックでき、エンドツーエンドで暗号化されてiCloudに同期され、本人しかアクセスできないようになっています。「ジャーナル」アプリの提供開始時期は「年内」とのことです。

 

AirDropで転送を始めてインターネットで完了

iPhone同士で、画像などをAirDropで共有する場合、現時点では共有(転送)が完了するまでは、お互いのデバイスが通信範囲内に位置する必要があります。
 
しかしこのAirDropの新機能が有効になると、共有を開始してから自分と相手のiPhoneが通信範囲の枠から外れても、お互いがiCloudにサインインしていれば、インターネット経由で転送を継続、完了することが可能となります。
 
この機能は「年内に登場」する見込みです。

 

【ミュージック】みんなでプレイリストを作る


 
自分のプレイリストに友だちを招待すると、招待した友だちが曲を追加したり、並べ替えたり、削除したりすることが可能となります。
 
「再生中」の画面では、絵文字を使って曲にリアクションすることもできます。この機能は「年内に登場」予定です。

 
 
Source:Apple via 9to5Mac
(lunatic)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

特集

目次