OPPO、バッテリー耐用年数4年を保証する廉価スマホモデルを発売

    oppo f23

    oppo f23
     
    中国のスマホブランドOPPOは、新型スマホモデル「F23」を発売しました。5,000mAhの大容量バッテリーが魅力のデバイスですが、注目されているのはバッテリー耐用年数4年という謳い文句です。

    ■3行で分かる、この記事のポイント
    1. 中国のスマホブランド、OPPOが新型スマホモデル「F23」を発売した。
    2. 注目されているのはバッテリー耐用年数4年という謳い文句。
    3. バッテリーの寿命を4年以上に倍増させることができるという。

    48カ月間のスムーズな利用体験が保証

    インドで24,999ルピー(約41,700円)で販売開始となったOPPO F23は、「48カ月間のスムーズな利用体験」が保証されています。4年経った後でもまるで箱を出してすぐのようなスムーズな体験ということは、当然ながらバッテリー耐用年数が4年であることも意味します。
     
    F23には、バッテリーヘルスエンジンが搭載されており、スマホの充電サイクルを注意深く監視してバッテリーを最高の状態に保つことで、バッテリーの寿命を4年以上に倍増させることができるそうです。
     
    oppo f23
     
    OPPO Labsが行ったテストによれば、充電1,000サイクルでバッテリー寿命はまだ88%を超えていたとのことです。

    その他のスペックは?

    OPPO F23のその他のスペックは、6.6インチのフルHD+、最高120Hzの高リフレッシュレート、最高680nitsの高輝度のLCDディスプレイパネル、Snapdragon 695システム・オン・チップ(SoC)、8GBのRAM、256GBのストレージ、5,000mAhの大容量バッテリー、67WのSuperVOOC高速充電が挙げられます。
     
    F23のカメラは、6,400万画素のメインセンサーと200万画素のマクロとポートレートセンサーで構成されています。
     
     
    Source:OPPO via Gizchina
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次