2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Beats Studio Buds+、6/12に24,800円で発売

    Beats Studio Buds+

    Beats Studio Buds+
     
    AppleはBeats Studio Budsの第2世代モデルとなる完全ワイヤレスイヤホン「Beats Studio Buds+」を、2023年6月12日午後4時からAppleオンラインストアで、6月13日からApple Storeおよび正規販売店で販売開始すると発表しました。

    ■3行で分かる、この記事のポイント
    1. Appleは、Beats Studio Budsの第2世代モデルとなる完全ワイヤレスイヤホンを発売する。
    2. 6/12午後4時からAppleオンラインストアで、6/13から正規販売店で販売開始。
    3. 3つの通気口を備えることで、オーディオの再現性が向上した。

    トランスペアレントを含む3カラー展開

    カラーはブラック/ゴールド、アイボリー、トランスペアレントの3種類で、価格は税込24,800円です。
     
    Beats Studio Buds+は2021年8月に発売されたBeats Studio Budsの後継モデルです。

    優れた音響設計

    Beats Studio Buds+
     
    Beats Studio Buds+は3つの通気口を備えることで、オーディオの再現性が向上しました。装着時の圧力も低減されるため、快適に着用できます。イヤーチップはXS、S、M、Lの4種類が用意されています。
     

    またBeats独自のアコースティックプラットフォームによって、パワフルでバランスに優れたサウンドが楽しめます。それぞれのイヤーバッドに独自の二層構造のトランスデューサーを搭載し、よりクリアな低音と歪みの少ないサウンドを実現しました。
     
    Beats Studio Buds+は空間オーディオ対応のため、Apple Musicユーザーはドルビーアトモスでミックスされた楽曲の再生時に、クリアで立体的な奥行きのあるサウンドを楽しめます。
     
    Beats Studio Buds+

    「b」ボタンを押して簡単操作

    リスニングモードは、アクティブノイズキャンセリング(ANC)と外部音取り込みモードをボタンひとつで簡単に切り替えられます。Beats Studio Buds+は、前モデルよりもアクティブノイズキャンセリング(ANC)の効果が最大1.6倍、外部音取り込みモードの精度が最大2倍に向上しています。
     
    「b」ボタンを押すだけで音楽の再生、リスニングモードの切り替え、着信の応答、音声アシスタントの起動ができます。さらに長押し機能を設定すると、一方のイヤーバッドで音量を上げて、もう一方のイヤーバッドで音量を下げることができます。

    Apple/Androidデバイスとワンタッチでペアリング

    ペアリングも簡単です。iCloudアカウントに登録されているAppleデバイスなら、ワンタッチですぐにペアリングできます。
     
    またGmailアカウントに登録しているすべてのAndroidデバイスおよびChromeデバイスとも、ワンタッチで簡単にペアリング可能です。

    バッテリー駆動時間とケース

    イヤーバッド単体で最大9時間、充電ケースで最大27時間、合わせて最大36時間の再生が可能です。バッテリー残量が少なくなってもFast Fuel機能により5分の急速充電で1時間再生できます。

     
     
    Source:Beats
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次