Google、2年間未使用のアカウントを無効にすると発表

    Googleロゴ

    Googleロゴ
     
    Googleが、2年間未使用のアカウントを無効にすると発表しました。アカウントが無効となった場合、アカウントの内容やデータがすべて削除される可能性もあるため注意が必要です。

    ■3行で分かる、この記事のポイント
    1. Googleが、2年間未使用のアカウントを無効にすると発表した。
    2. アカウントが無効となった場合、アカウントの内容やデータがすべて削除される可能性も。
    3. アカウント削除は、最も早くて2023年12月1日から開始される予定。

    2年間未使用のアカウントを無効に

    Googleは、「無効なGoogleアカウントに関するポリシー」を変更し、2年間未使用のアカウントを無効にする方針であると発表しました。
     
    また、GmailやChrome、YouTubeなど、特定のサービスを2年間利用しなかった場合、「Googleはそのサービスのデータを削除する権限がある」としています。
     
    変更された「無効なGoogleアカウントに関するポリシー」の内容は次の通りです。

    2年の期間内に使用されていないGoogleアカウントは無効とみなされます。2年以上Googleを使用されなかった場合、Googleは無効なGoogleアカウントとそのアクティビティやデータを削除する権限を有します。また、特定のサービスを2年以上使用されなかった場合、Googleはそのサービスのデータを削除する権限も有します。この判断は、各プロダクトの無効に関するポリシーに基づきます。

     
    Googleアカウントを無効にしないためには、少なくても2年に1度はアカウント、またはGoogleの各サービスへログインすることが必要です。
     
    アカウント削除は、最も早くて2023年12月1日から開始される予定で、Googleは該当するアカウントにメールで通知を行うとしています。
     
    ただし、Googleアカウントに残高のあるギフトカードが含まれている場合や、デジタルアイテム(書籍、映画)の購入に使用されている場合などは、アカウント削除の対象外となります。
     
     
    Source:Google
    (te7373)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    副業で始めたライターがいつの間にか本業に。iPhone4からiPhone生活をスタート、現在はiPhone14 Pro Max。iPhone、Macを10年以上愛用しています。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次