Googleアカウントへのログインがパスキーに対応〜Face IDなどでログイン確認

Google Passkey

Google Passkey
 
Googleが現地時間2023年5月3日、Googleアカウントへのログインパスキーに対応したと発表しました。
 
iPadOS16.4.1が動作する11インチiPad Pro(第3世代)で、Googleアカウントへのログインにパスキーが設定できるのを確認しました。

■3行で分かる、この記事のポイント
1. Googleが3日、Googleアカウントへのログインがパスキーに対応したと発表した。
2. 1インチiPad Proで、ログインにパスキーが設定できるのを確認。
3. Face IDやTouch IDでログイン可能に。

Face IDやTouch IDでログイン可能に

パスキーは、iOS16が動作するiPhone、iPadOS16.1以降が動作するiPad、macOS Venturaが動作するMacで利用可能です。
 
Google Chromeは2022年12月にパスキーに対応していましたが、この度、GmailなどGoogleアカウントへのログインの際にもパスキーが利用できるようになりました。

iPadを使ってパスキーを設定

パスキーを設定するには、対応するApple製品で、Googleアカウントへのログインにパスキーを設定するページ(ソース欄にリンクを記載)にアクセスし、パスワードでログインします。
 
「パスキーを作成する」を選択し、Face IDかTouch IDで認証します。
 
Google Passkey_0
 
パスキーが作成されたら、「完了」を選択します。
 
Google Passkey_1
 
次に、「パスキーの使用」を選択します。
 
Google Passkey_2
 
Googleアカウントへのログインに、パスキーが使用できるようになりました。
 
Google Passkey_3
 
 
Source:Google via BGR, パスキーを設定するページ/Google
(FT729)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次