Microsoft、Surfaceシリーズを含むキーボードやマウスを削減や廃番へ!?

Microsoft mouse keyboard_1200

Microsoft mouse keyboard_1200
 
Nikkei Asiaが、Microsoftは収益改善のため、MicrosoftブランドおよびSurfaceブランドで販売中のキーボード、マウス、ドッキングソリューション、ヘッドセットなどのラインナップを今後削減すると報じました。

競争激化による売り上げ低迷が原因か

Nikkei Asiaによれば、この措置は前回の決算報告においてMicrosoftのアクセサリー関連部門の業績が悪化していたものに伴うものとのことです。
 
IntelliMouseなどでハードウェアにおいても存在感を示してきたMicrosoftですが、近年は競合他社との競争が激化し、製品の差別化に苦慮しているとTechPowerUpは同社のアクセサリー関連部門の売上が低下している理由を推察しています。
 
ここ数日の海外メディアの報道から、Microsoftは最初にMicrosoftブランドのアクセサリーの製造と販売を終了し、Surfaceブランドに集約するとみられていました。
 
しかし、Nikkei Asiaの報道が正しければ、そのSurfaceブランドのアクセサリーの先行きも不透明ということになります。
 
 
Source:Nikkei Asia via TechPowerUp,The Verge,Microsoft
(FT729)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次