iPad mini 7がA16と8GB RAM、ProMotion搭載の可能性あり?

    iPad mini 7 rumors 0319

    iPad mini 7 rumors 0319
     
    iPad mini 7が、A16 Bionicと6GBもしくは8GBのRAMを搭載し、リフレッシュレートが120Hzに対応するProMotionディスプレイを採用する可能性があると、海外メディアが伝えています。

    これまでも噂され、否定されてきたProMotionディスプレイ搭載

    DSCCの最高経営責任者(CEO)であるロス・ヤング氏は、iPad mini 7にProMotionディスプレイが採用されることはないと述べていました。
     
    しかし、中国メディアiMediaは、iPad mini 7が、A16 Bionicと6GBもしくは8GBのRAMを搭載し、ProMotionディスプレイを採用するとの噂があると記しています。

    iPad mini 7は、早ければ今年秋に発売と噂

    iMediaは、iPad mini 7にProMotionディスプレイが搭載された場合の利点について、リフレッシュレートが1Hz〜120Hzで調整されることで、描画の滑らかさが向上するとともにバッテリー消費を効果的に抑制することができると伝えています。
     
    また、A16 Bionicに6GBもしくは8GBのRAMが組み合わせられた場合、多数のアプリを同時に実行しても動作が安定し、処理能力の向上によりユーザー体験も改善されると同メディアは考えています。
     
    iPad mini 6登場前には、「iPad mini Proが開発中」という噂が各所で伝えられたことで、ProMotionディスプレイの採用が期待されましたが、実現しなかったのはご存知の通りです。
     
    これらの経緯も含めて考えると、今回の噂が実現する可能性があるとすれば、iPad mini 7とは別にiPad Proの小型版が開発されている場合です。
     
    iPad mini 7は今年の秋に発売されると、Macworldが予想していました。
     
     
    Source:iMedia
    Photo:Apple(米国)
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次