Xiaomi、Micro-USBで充電するスマートフォンを発売

    Redmi12C

    Redmi12C
     
    Xiaomiは3月16日(木)、エントリーモデルのスマートフォンRedmi 12C」を発売しました。現在では珍しいMicro-USB搭載機種として、一部で話題となっています。

    Redmi 12Cが発売

    Xiaomiは2023年3月16日(木)、低価格帯スマートフォンのRedmi 12Cを発売しました。
     


     
    税込19,800円という安さや、6.71インチの大画面等のメリットがある一方で、5G通信に非対応である点やMicro-USBで充電する点等、機能は限定的となっています。
     
    Redmi 12Cの主なスペックは以下の通りです。
     

    機種名 Redmi 12C
    プロセッサ MediaTek Helio G85
    RAM 3GB、4GB
    ストレージ容量 ROM 64GB、128GB
    OS MIUI 13(Android12ベース)
    ディスプレイ 6.71インチHD+
    リアカメラ 約5,000万画素
    フロントカメラ 約500万画素
    サイズ
    (幅×高さ×厚さ)
    76.41mm×168.76mm×8.77mm
    重量 192グラム
    バッテリー容量 5,000mAh
    外部メモリ microSD
    本体カラー グラファイトグレー、ミントグリーン、ラベンダーパープル
    販売価格(税込) 19,800円(RAM3GBモデル)、23,800円(RAM4GBモデル)

     
    なお、MVNOのOCNモバイルはSIMとのセット購入で1,100円で販売しています。
     

    Micro-USBで充電

    Redmi12 C スペック
     
    Redmi 12Cの充電方式はAndroid端末やタブレットで一般的なUSB-Cではなく、数年前に主流だったMicro-USBを採用しています。また、対応する充電速度は10ワットです。
     
    なお、欧州連合(EU)は充電端子を統一する法律を制定する方針で、2024年12月28日以降に発売される機器はUSB-C端子を搭載する必要があります。そのため、Lightning端子を搭載するiPhoneシリーズも、iPhone15から充電端子がUSB-Cに変更されると噂されています。
     
    XiaomiがMicro-USB端子搭載のスマートフォンを新たに発売したことは、USB-C端子に統一する流れに逆行していると言えそうです。
     
     
    Source:Xiaomi, OCNモバイル / Twitter
    (seng)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    海外経験を活かし2020年からライターとして活動中。日々のお得情報から海外事件まで幅広くカバー。iPhone12 miniを愛用し、iPhone歴通算10年、Android通算5年程度。格安ガジェット好き。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次