Appleの「若者ターゲット」戦略は成功している〜CIRP調査

Apple製品


 
調査会社Consumer Intelligence Research Partners(CIRP)が、iPhone、iPad、Macの年代別所有率を調査、Appleの若者をターゲットとした戦略が成功しているという結果をまとめています。

Apple製品とユーザーに関する複数のレポート

CIRPはここ最近、Apple製品の所有率において、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchの中では、意外にもMacの所有率が一番低いという調査結果や、iPhone12シリーズからiPhone14シリーズまでの人気カラー調査結果など、Apple製品とユーザーに関する複数のレポートを発表しています。
 
今回同社が “The Apple Ecosystem Age Profile Work”(Appleエコシステムの年齢プロファイルの成功)と題してまとめた有料レポートの一部を、米メディア9to5Macが紹介しています。

70%以上の所有者が18歳〜44歳

Appleは特にアメリカにおいて、「若者向けブランド」を印象づける広告戦略を行っています。CIRPは実際にこの戦略が成功しているのかどうか、iPhone、iPad、Mac所有者の年齢を調べました。
 
調査の結果、iPhone、iPad、Macのすべてのデバイスにおいて、約半数の所有者の年齢が18歳〜34歳であることがわかりました。
 
またiPhone、iPad、Macともに、18歳〜44歳の所有者が全体の70%以上を占めていました。
 
つまり45歳以上のiPhone、iPad、Mac所有者は30%未満ということになります。
 
なかでも特にMacについては、所有者の年齢が若い傾向にありました。
 
CIRP

 
今回の調査結果から、Appleの若者をターゲットとした戦略は成功していると、CIRPは結論づけています。

 
 
Source:CIRP via 9to5Mac
(lunatic)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次