腕を振るだけでApple製品を一斉コントロールできるようになるかも?

    apple watch 装着 

    apple watch 装着 https://www.youtube.com/watch?v=UfawgQJICU8
     
    Apple製品に囲まれる生活をさらに素敵なものにしようと、Appleが特定のジェスチャーで複数デバイスの動作をコントロールするための特許を申請したことが分かりました。

    Apple Watchで一斉に停止

    時計はApple Watch、動画編集のためにMac、スピーカーもHomePodにしよう――気づけば身の回りがApple製品だらけになっているiPhoneユーザーも少なくないでしょう。
     
    独自規格や仕様に批判の声もありますが、デバイスやサービスがスムーズに連携するため、Appleが作り上げるエコシステムがとても魅力的に映るのは確かです。
     
    そんなエコシステムの魅力を後押しするかのような特許を、Appleが新たに申請しました。「マルチデバイス・ジェスチャーコントロール」と題された特許では、腕を振って周囲のデバイスをすべて停止する技術が事細かに説明されています。
     
    apple watch 特許 USTPO 
     
    同じネットワーク上で連携することにより、特定のジェスチャーを検出した一つのデバイスが、複数の他のデバイスを制御できるようになる仕組みが実現すれば、Apple Watchをつけた腕を振るだけで、Macの電源を落としHomePodから流れる音楽を一時停止できるというわけです。

    デバイスごとに異なる動作も可能

    デバイスを一斉に停止するだけではありません。Appleは「異なるデバイスのそれぞれ異なる機能をコントロールするための単一ジェスチャー」についても言及しています。
     
    もちろん実現させるには、「最初のデバイス」がどのようにしてジェスチャーを正しく検知するのかという技術的な問題を解決する必要があります。特許では画像センサーのほか、加速度計、ジャイロスコープなどが想定されているようです。
     
    実際にこの機能をユーザーがいつ頃使えるようになるのかは、現時点ではAppleにしか分かりません。しかし、2015年にも似た特許(3Dマッピングでジェスチャーを特定)を申請していることから、突然降って湧いた計画というわけではなさそうです。
     
    帰宅してApple Watchをつけた手を上げると、HomePodから曲が流れ、Macが起動し、スマートブラインド(直接ストラップに触れなくともブラインドを上下できるIoT)が閉じる日はそう遠くないのでしょうか。
     
     
    Source:AppleInsider
    Photo:YouTube/Apple
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次