2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone14 Pro Max、ダウンロード速度でAndroid 2モデルに敗れる

    Speedtest

    Speedtest
     
    発売当初、iPhone14 Pro Maxはダウンロード速度において、Samsung Galaxy S22などの競合モデルを抑え、いくつもの調査で首位の座を獲得しました。

    しかし最新調査では、ダウンロード速度において3位の座に甘んじたことがわかりました。

    米でダウンロード速度などを測定

    インターネット接続性能評価サービス「Speedtest」を運営する米Ooklaが、米国の主要キャリアにおいて、ダウンロード速度を含むさまざまなテストを実施し、結果を公開しました。
     
    テストの一環として、2022年第4四半期(10月〜12月)に米国で人気のあるスマートフォンを用いたダウンロード、アップロード速度の比較も行われました。

    iPhone14 Pro Maxは3位に転落

    Ooklaによると、2022年第3四半期(7月〜9月)にダウンロードが最も速かった人気スマホはiPhone14 Pro Maxでした。
     
    しかし2022年第4半期におけるダウンロード速度トップはSamsungのGalaxy Z Fold4(147.25Mbps)、2位はGoogleのPixel 7 Pro(137.11Mbps)で、iPhone14 Pro Maxは3位(133.84Mbps)となっています。
     
    Speedtest
     
    しかもSamsungが米国で販売している全スマホと、Appleが販売中の全iPhoneのダウンロード速度の中央値を比較すると、Samsungスマホが79.43Mbpsなのに対しiPhoneは72.62Mbpsで、Samsungスマホのほうが高速であることがわかりました。
     
    Speedtest

    首位から3位へ転落した理由とは

    これらの数字は米国のキャリア(Verizon Wireless、T-Mobile、AT&T)での調査結果であり、キャリアが違えば数字も異なる可能性があります。
     
    また米メディア9to5Macは、第3四半期ではトップだったiPhone14 Pro Maxが第4四半期には3位となった理由の一つは、第3四半期時点よりも第4四半期のほうが、キャリアのカバーが十分でない地域におけるiPhone14 Pro Maxユーザーが増えたからかもしれない、と推測しています。

     
     
    Source:Speedtest(Ookla) via 9to5Mac
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次