2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、複数のデバイスカテゴリで最も低い減価率を維持

    iphone13 pro max

    iphone13 pro max
     
    中古デバイスの売買を行うSellCellの最新の調査で、Appleデバイスはスマートフォン、タブレット、スマートウォッチのカテゴリで価値の下がり方がもっともゆるやかであることが明らかになりました。

    2022年最も価値を維持したスマホはiPhone13 Pro Max

    SellCellによれば、スマートフォンの中で昨年最も価値を維持したのは2021年発売のiPhone13 Pro Maxで、2022年12月11日時点でメーカー希望小売価格から44.6%減にとどまりました。
     
    タブレットの中で最も価値を維持したのは11インチiPad Pro(第3世代)で、2022年12月時点で、メーカー希望小売価格から56.7%減にとどまりました。
     
    スマートウォッチで最も価値を維持したのはApple Watch Series 7(45ミリ、アルミニウム)で、2022年12月時点でメーカー希望小売価格から71.2%減にとどまりました。

    最も価値が下がったスマホモデルとは?

    昨年最も価値が下がったスマホモデルは、Google Pixel XL(2016年発売)で、2022年12月時点で元々の販売価格から98.6%減となりました。
     
    ゲームコンソールなどすべてのデバイスを含むと、昨年最も価値を維持したのはソニーSony PlayStation 5で、メーカー希望小売価格から25.0%減にとどまりました。
     
     
    Source:SellCell via Gizchina
    Photo:Apple
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次