2023年1月23日 15時00分

読了まで 158

特殊部隊用Apple Watchの開発検討?水中や地下でも通信可能〜特許出願

Apple Patent 20230017571_4_1200


 
が、水中や地下などでもや充電を可能にするための研究開発を行っていることが、米国商標庁(USPTO)が現地時間2023年1月19日に公開した特許出願情報から明らかになりました。
 
Patently Appleは、この特許技術が、ネイビー・シールズなどの特殊部隊が潜水作業で使用するためのの開発に活かされる可能性があると述べています。

潜水作業中のダイバーと通信するための仕組み

AppleがUSPTOに出願した特許は、「水中での、磁力を利用した通信や充電」に関するものです。
 
潜水作業中のユーザーのデバイス(下記図表9の10と66)と船上で待機中のユーザーのデバイス(68)との間で交わされるメッセージとして、「要救助」「サメが出現」「浮上」「潜水」など(64)が考えられています。
 
Apple Patent 20230017571_1_1200
 
また、通信用途以外に、磁力を利用したビーコンとして各デバイス(下記図表12の10と66)を機能させることも検討されています。
 
その場合、船(88)にはビーコン対応の大型アンテナ(86)が設置されますが、これを設置する場所は船上でも水面下でも良いと特許には記されています。
 
Apple Patent 20230017571_2_1200
 
今回の特許に記された通信を利用し、水中に住む生き物の写真や動画の撮影を行うことも想定されています。
 
Apple Patent 20230017571_3_1200
 
水中では電波の減衰が激しい為、潜水艦との通信は超長波帯や極長波帯で行われていますが、こうした通信は大規模な送信設備を必要とします。
 
今回の方式は至近距離を想定していることもあり、Wi-Fiやワイヤレス通信で利用している電波帯でも通信が可能になる仕組みを目指して開発されているのかもしれません。
 
 
Source:USPTO(米国) via Patently Apple
(FT729)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる