2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone4がキッチンで発火する様子をスマートホーム製品が撮影

    iphone4

    iphone4
     
    10年以上前に発売されたiPhoneモデルが、充電中に発火したと米メディアが伝えています。

    幸いにも火災には発展せず

    米オハイオ州のライズガング夫妻は、使用していたGoogle Home製品が捉えたiPhone4の発火の瞬間をFOX6 Newsに提供しています。
     
    子どもたちが使っていたiPhone4寝ている間にキッチンで爆発して燃えてしまったそうです。幸運にも、前日にカウンターを掃除したばかりで、置かれていた学校の本や書類は取り除かれていたため、火災を免れることができたものの、朝あちこちに携帯電話の破片と黒いススが残っていたとのことです。
     

    発火の原因は劣化したバッテリー?

    一般的なリチウムイオンバッテリーの発火原因について、火にさらされること、穴を開けられることによる損傷、生産時の欠陥などを9to5Macは指摘しています。
     
    今回のiPhone4ついては、老朽化したバッテリーを充電器に接続したままにしたことで、バッテリーが過充電となり、過熱してしまったのではないかと推測されています。
     
     
    Source:9to5Mac
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次