2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple Books、AIナレーションのオーディオブックの取り扱い開始

    apple books

    apple books
     
    ストアで販売するオーディオブックの数を拡大するため、Apple Booksは独立系の作家や出版社を対象に、人工知能(AI)の音声合成モデルを用いて音声化を行える選択肢の提供を開始しました。

    ジャンルごとに異なるAI音声を使用

    昨年末に発表されたApple BooksAIナレーション本は、すでにApple Booksストアでダウンロード可能となっています。Apple Booksアプリでは、AIオーディオブックに「Narrated by Apple Books」というサブタイトルが付けられています。
     
    今のところAppleは特定のジャンルの本のみをターゲットとしており、本のジャンルごとに特定のAI音声が付くようになっています。フィクションやロマンス系の本は、「マディソン」と「ジャクソン」がナレーションを担当し、ノンフィクションや自己啓発のジャンルの本は、「ヘレナ」と「ミッチェル」がナレーションを担当する予定です。
     
    現在、SFやスリラーなど他のジャンルの書籍には未対応となっています。

    オーディオブック生成にはそれなりに時間がかかる

    AIナレーションのオーディオブック生成はボタンを1回押すだけの単純なものではなく、投稿された本が利用できるようになるまで1カ月ほどかかるそうです。初期段階の現在、Appleとパートナーは生成されたAIトラックを手作業でレビューし、品質保証を行っているようです。
     
    AIナレーションは、録音に支払う資本を持たない小規模な独立系作家には魅力的な提案とされています。なお、AIナレーション版を作成した後でも、人間のナレーション版を作成、公開することができます。
     
     
    Source:9to5Mac
    Photo:Apple
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次