2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    ベルキン、製品材料に再生プラスチックを導入。カーボンニュートラル実現目指す

    Belkin ベルキン 再生プラスチック

    Belkin ベルキン 再生プラスチック
     
    Belkin(ベルキン)が、ワイヤレス充電器、モバイルバッテリーなどの人気製品の素材に、73~75%の再生プラスチック(PCR)を使用するほか、プラスチックを使用しないパッケージを導入すると発表しました。推定7,000トンの炭素排出量削減に効果があると見込まれています。

    カーボンニュートラルを目指す取り組み

    ベルキンは、2025年までにスコープ1(企業の直接排出)およびスコープ2(購入した部品やサービスの排出)の排出量において100%カーボンニュートラルになることを目指しており、包装に使用される使い捨てプラスチックの削減に重点を置き、すでに一部の製品ではプラスチック使用量を最大90%削減しています。
     
    ベルキンは、2年間の開発期間を経て、モバイル充電製品の一部に73%~75%の再生プラスチックを導入し、推定7,000トンの炭素排出量を削減し、製品の購入による二酸化炭素排出量を最大67%削減すると発表しています。
     
    Belkin ベルキン 再生プラスチック
     

    既存製品と再生プラスチック製品で品質にほとんど差なし

    ベルキンは、美観、品質、エンジニアリングの観点において、既存の製品と再生プラスチック製品にほとんど違いはない、と説明し、比較画像も公開しています。
     
    Belkin ベルキン 再生プラスチック
     
    2023年上半期から、以下のベルキン製品が新しい再生プラスチック材料で提供されます。
     

     
     
    Source:Belkin/PR Times
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次