Samsung、Studio Displayと競合する新型ディスプレイを発表

    ViewFinity S9

    ViewFinity S9
     
    米国の家電見本市CESで、Samsung2台の新型ディスプレイを発表しました。Studio Displayの競合製品ViewFinity S9は、4KのWebカメラが備え付けられているのが特徴です。

    ViewFinity S9

    クリエイターやプロ向けのStudio Displayと競合する製品として発表されたSamsung ViewFinity S9のスペックは、以下のとおりとなっています。
     

    • 27インチ5Kパネル(5,120 × 2,880)
    • 99% DCI-P3
    • カラーキャリブレーションエンジン内蔵
    • 平均デルタE ≦ 21の色精度
    • USB-CとThunderbolt 4の接続性
    • マットディスプレイ仕上げ
    • 4K Webカメラ内蔵
    • Samsung Smart Hub

     
    価格や発売時期などは明らかにされていませんが、注目を集めているようです。

    Smart Monitor M8 27インチ

    Smart Monitor M8は、元々32インチのディスプレイとして発売されましたが、27インチ版が今回新たに発表されました。iMacのようなデザインで、素晴らしい機能を搭載していますが、32インチモデルよりも価格は安くなるとみられています。スペックは以下のとおりとなっています。
     

    • 最大65Wの充電が可能なUSB-C
    • 4K 3,840 × 2,160の解像度
    • 32インチパネル
    • アスペクト比16:9
    • リフレッシュレート60Hz
    • HDR10対応
    • フェイストラッキング機能付きマグネット式SlimFit Webカメラ付属
    • 輝度400nits
    • 99% sRGB
    • 4msの応答速度
    • 2.2チャンネルスピーカー内蔵
    • ホワイト、ブルー、グリーン、ピンクの4色から選択可能
    • スリムベゼルと全体的なスリムデザイン
    • Apple TV+内蔵、AirPlay 2搭載でスマートテレビとしても使用可能

     
     
    Source:9to5Mac
    Photo:DPReview
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次