Apple「初売り」のiPhone購入者限定AirTag、オンラインは2時間弱で完売

    Apple 初売り AirTag

    Apple 初売り AirTag
     
    Appleの「初売りがオンラインでは1月2日午前0時にスタートしましたが、対象のiPhoneを購入するともらえる特別デザインのAirTagが、開始2時間弱で完売しています。店頭での購入ぶんは残っていると考えられます。

    「初売り」開始から2時間後にはAirTagが選択不可に

    1月2日と3日に開催されているAppleの「初売り」では、対象製品を購入すると最大32,000円分のAppleギフトカードがもらえるほか、対象のiPhoneを購入すると限定デザインのウサギが刻印されたスペシャルエディションのAirTagがもらえます。
     
    対象のiPhoneは、iPhone13、iPhone13 mini、iPhone12、iPhone SE(第3世代)です。
     
    Appleのオンラインストアでは1月2日午前0時に「初売り」が開始されましたが、開始から約2時間後には、AirTagの画像が表示されなくなり、AirTagを選択できなくなっています。
     
    スペシャルデザインのAirTagは先着30,000個限定で、在庫がなくなり次第終了すると案内されており、オンライン販売ぶんの在庫が尽きたとみられます。
     
    Apple 初売り iPhone AirTag 完売
     
    対象のiPhoneを購入すると8,000円分のAppleギフトカードがもらえる特典は継続されています。

    Apple「初売り」は直営店でも実施

    Appleの「初売り」は、Apple Store直営店でも1月2日と3日の2日間、開催されます。
     
    店頭販売分も、iPhone購入者に提供されるAirTagのプレゼントは、在庫がなくなり次第、終了します。
     
    Apple Store直営店の、1月2日の開店時間は通常と同じ午前10時ですが、閉店は通常より1時間早い午後8時です。Apple 川崎のみ、通常と同じく午後9時閉店です。
     
     
    Source:Apple
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次