Apple、iPhoneの使い方やコツについて10個のTipsを動画で紹介

Apple

Apple
 
Appleサポートの公式YouTubeチャンネル(英語)は、“10 helpful iPhone tips(10個の役立つiPhone tips)”と題した、iPhoneユーザーに役立つ10個のちょっとしたテクニックを紹介しています。
 
Appleサポートの公式YouTubeチャンネルで公開中の最新動画は、iOS16で利用可能になった新機能を中心に、便利な使い方を解説したものです。
 
ロック画面のカスタマイズ方法、写真の切り抜き方法などを紹介した、5分24秒の動画となっています。

10個の使い方とは

  1. iOS16では写真アプリにおいて、写真に撮った対象物を切り抜いて、他のアプリへ移すことができます。
  2.  

  3. iOS16の新しいロック画面では、ユーザーが時間・日付の色やフォントの変更、ウィジェットの追加などを行うことができます。
  4.  

  5. 設定→Wi-Fiで、接続したことのあるWi-FiのパスワードをiPhone上に表示し、コピーや読み上げができます。
  6.  

  7. メールアドレスや住所など、頻繁に入力するものは、ユーザ辞書に登録しておくと便利です。設定→一般→キーボード→ユーザ辞書で設定できます。
  8.  

  9. バッテリー残量が少ない、あるいは少しでもバッテリーの持ちをよくしたい時のために、コントロールセンターにバッテリーの「低電力モード」を追加しておくと便利です。設定→コントロールセンターでスクロールし、低電力モードを追加します。
  10.  

  11. 複数の写真を共有、または別のアプリにまとめて移動させたい時、まず1枚目の写真をタップして長押しし、ホールドしたままで枠外へ移動、次の写真を別の指でタップし、最初の写真へ追加します。何枚でも追加することができるので、それらをまとめて他のアプリに移動させることができます。
  12.  

  13. カメラアプリをすぐに起動したいなら、ロック画面右下のカメラショートカットをタップ、ホールドします。
  14.  

  15. iOS15以降では、テキストの認識表示が利用できるようになりました。写真の中のテキストが操作可能なテキストになり、コピペや翻訳、調べることが可能となりました。この機能は撮影済みの写真アプリの写真でも使えます。
  16.  

  17. メモアプリを使って、ちょっとしたメモをスキャンし、そのデジタルコピーが作成できます。
  18.  

  19. 写真ライブラリに、最初に保存した写真がどれか知りたいなら、1タップで簡単に見つけることができます。写真アプリを開き、画面の右上コーナーをタップすれば、どのライブラリ、アルバム、検索結果であっても、最初の写真へ飛ぶことができます。

 
動画は以下から視聴できます。
 

 
 
Source:Apple Support/YouTube via MacRumors
(lunatic)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次