国内テック企業の消費者イメージ、ドコモが「社会課題解決に貢献」「技術が注目」でトップ

    キーボードとスマイル

    キーボードとスマイル
     
    MMD研究所は、「2022年消費者が思うテック企業イメージ調査」の結果を公表しました。国内IT企業の認知度トップはNTTドコモでした。テック企業のイメージは「テクノロジーで社会課題の解決に貢献している」が最多でした。

    国内IT企業、認知度トップはドコモ

    MMD研究所の「2022年消費者が思うテック企業イメージ調査」は、15歳~69歳の男女10,000人を対象として、2022年11月25日~11月28日にインターネットで実施しています。
     
    事前調査で「国内IT企業」と聞いて思い浮かぶ企業名として挙がった上位19位までの企業について、知っている企業(複数回答可)を聞いたところ、「NTTドコモ」が76.9%でトップでした。
     
    以下、楽天(72.7%)、ソフトバンク(71.2%)、ヤフー(70.9%)、LINE(68.3%)などと続いています。
     
    MMD研究所「2022年消費者が思うテック企業イメージ調査」
     

    テック企業のイメージは「社会課題の解決に貢献」が最多

    「テック企業」のイメージ(複数回答可)は、「テクノロジーで社会課題の解決に貢献している」が14.3%で最多でした。
     
    以下、「技術が注目されている」10.7%、「常に新しいことに挑戦している」と「生活を便利にする製品・サービスを提供している」が同率で9.8%などと続いています。
     
    MMD研究所「2022年消費者が思うテック企業イメージ調査」
     

    「社会課題解決」「技術が注目」はドコモ、「新しいことに挑戦」「生活を便利に」は楽天がトップ

    「テック企業」のイメージ別に、当てはまる企業を聞いた結果が以下の表です。
     
    「テクノロジーで社会課題の解決に貢献している」と「技術が注目されている」ではNTTドコモが最多でした。
     
    「常に新しいことに挑戦している」と「生活を便利にする製品・サービスを提供している」は楽天が最多となりました。
     
    MMD研究所「2022年消費者が思うテック企業イメージ調査」
     
     
    Source:MMD研究所
    Photo:Viktor Hanacek/PicJumbo
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次