Apple、Apple Gift Cardのパッケージと機能の特許を取得

    gift card

    gift card
     
    Appleはアプリ、サービス、店舗の建物、店舗ディスプレイ、パッケージなどあらゆるものの特許を取得していますが、今回Apple Gift Cardとその機能に関する特許を取得しました。

    引き換えコードの機能について記載

    Appleが米国特許商標庁(USPTO)から今週取得した特許は、「引き換えコードがついた挿入物と機能関連のパッケージ(Insert with Redeemable Code and Functionally-related Packaging )」と名付けられたものです。
     
    引き換えコードとは、商品、サービス、割引、現金などと引き換え可能な価値を表します。引き換えコードおよびその他の情報を含むカードは、割り当てられた金額を決済に当てるために使用されます。またカードでは、いくら使ったかを確認することもできます。
     
    引き換えコードは、人間が読み取り可能なデータや光学的な機械が読み取り可能なデータを含むことがあります。例えば、任意の数の文字または記号を有するテキスト、インジケータ、線形バーコード(例えば、Universal Product Code)、またはマトリックスバーコード(例えばQRコード)などが挙げられます。取引カードや引き換え可能なコードは、取引カードが有効化されるまでは、価値を持たない場合があります。
     
    パッケージに入った引き換え可能コードシステム(要するにパッケージに入ったApple Gift Card)は、スリーブおよびそのスリーブに差し込むカードを含むことがあります。一例ではスリーブはポケット形状で、カードをポケットから引き出して使います。
     
    gift card
     
     
    Source:Patently Apple
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次