2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、App Storeでのデータ収集がプライバシー侵害として訴えられる

    Apple Store フリー素材

    Apple Store フリー素材
     
    AppleがApp Storeなどを通してユーザーのデータ収集をしていることについて、プライバシーの侵害を故意に行い個人情報を収益化しているとして、同社に対する訴訟が起こされました。

    データ収集を無効化できない

    Appleを相手取って訴訟を起こしたエリオット・リブマン氏によると、App Storeで閲覧している内容をAppleが把握し収益化に役立てており、なおかつ設定で追跡を無効化できないことは、ユーザーのプライバシーを侵害していることに他ならないそうです。
     
    リブマン氏は「Appleの行為は消費者のプライバシーを侵害し、意図的に欺き、自社と従業員に個人の生活や興味、アプリの使用に関する詳細な情報を知る力を与えている」と批判、プライバシー権を定めた合衆国憲法に違反しているとして、集団訴訟に発展させる構えを見せています。

    訴訟として勝ち目があるかは疑問

    確かに、App Store以外にもApple MusicやApple TV、Booksなどの公式アプリで、利用データが収集されているのは調査からも判明しています。しかし専門家によると、原告側がAppleに勝利するのは難しいそうです。
     
    というのも、Appleの個人データ収集はサーバーサイドでのものであり、iOS上でできるアプリのトラッキング設定とは全く別物です。また、Appleが個人データを第三者に販売したり共有している証拠はありませんし、ターゲット広告に結びつけないことも公言しています。もっと言えば、ユーザーはAppleのデータ収集に利用規約で同意しています。
     
    訴訟では、金銭的救済と裁判所による差止め命令が要求されていますが、ニュースサイトAppleInsiderは、原告側がApple側のデータ収集の仕組みを理解できていないのではないかとして、訴訟の主張に懐疑的な見方を下しています。
     
     
    Source:AppleInsider
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次