2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    ソフトバンク、Leicaブランドの第2モデル「Leitz Phone 2」を発表

    Leitz Phone 2

    Leitz Phone 2
     
    ソフトバンクは、ドイツの老舗カメラメーカーであるLeicaが監修したカメラやデザインをはじめ、ライカの世界観を凝縮した5G(第5世代移動通信システム)対応スマートフォン「Leitz Phone 2(ライツフォン・ツー)」を発表しました。同機は、2022年11月18日に発売となります。

    約4,720万画素の1インチのイメージセンサーを搭載

    Leicaが監修したLeitz Phone 2のカメラには、約4,720万画素の1インチのイメージセンサーと、高品質な非球面レンズのズミクロンレンズが採用されています。全画素Octa PD AF方式に対応したことにより、動く被写体にも素早くピントを合わせることができるとのことです。また、ポートレート撮影などで使える測距用センサーにより、被写体を自然に際立たせる写真の撮影も可能となっています。
     
    加えて、Leicaらしい写真の撮影ができる「Leitz Looks」で、Leicaレンズの画質を体験できる「Summilux 28」「Summilux 35」「Noctilux 50」の3つのモードが利用できます。フィルターは、前機種の「Leitz Phone 1」に搭載した、Leicaを象徴する美しいモノクロ写真が撮影できる「Monochrome」に加え、「Original」「Cinema Classic」「Cinema Contemporary」が追加されています。

    大型ディスプレイと大容量ストレージ

    Leitz Phone 2には、約6.6インチの大型ディスプレイに、最大表示可能色数が10億色の「Pro IGZO OLED」が採用されており、写真や動画を生き生きと美しく表示します。
     
    本体には512GBの大容量ストレージと5,000mAhのバッテリーが搭載されているため、写真や動画をたっぷりと撮影、保存、鑑賞することが可能です。CPUには高い処理性能のSnapdragon 8 Gen 1が採用されており、快適な操作が実現されています。
     
     
    Source:ソフトバンク
    Photo:Leica
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次