2022年11月8日 10時45分

読了まで 221

Oculus創業者、ゲームの中で死亡したら現実世界でも爆発するVRヘッドセットを開発

Parlmer Luckey


 
Metaに買収され、現在は「Meta Quest」へと名称変更された仮想現実(VR)ヘッドセット開発のOculusの創業者が、ゲームの世界で死亡すると装着しているVRヘッドセットが爆発し、現実世界でも死亡してしまうという、恐ろしいVRヘッドセットを開発したことを明かしました。

ヒントとなったのは「ソードアート・オンライン」

このVRヘッドセットを開発しているのは、Oculusを創業したパーマー・ラッキー氏です。ラッキー氏は2014年に、OculusをFacebook(現在のMeta)に20億ドルで売却しています。
 
ブログ「The Blog of Palmer Luckey」によれば、ラッキー氏はライトノベル「ソードアート・オンライン(SAO)」からヒントを得たそうです。

SAOの内容

同ノベルのおおまかな内容は次のとおりです。
 
「ナーヴギア」というVRヘッドセットを着用し、仮想現実空間で展開されるゲーム「ソードアート・オンライン(SAO)」にログインした主人公らが、ゲームマスターからSAOの舞台「浮遊城アインクラッド」の最上部である第100層のボスを倒してゲームをクリアしない限り、仮想現実世界からログアウトできないと知らされます。
 
しかもゲームで死亡したり、現実世界でナーヴギアを無理やりに外したりすれば、そのナーヴギアから高出力マイクロ波が発せられ、脳を破壊されて実際に死ぬことになります。
 
そしてそのノベルの設定では、2022年11月6日にSAOの正式サービスが開始されることになっており、ラッキー氏はこの日に合わせてブログを更新しています。

ゲームオーバーの画面が表示されたら爆発

ラッキー氏が開発したVRヘッドセットの外観はMeta Quest Proに似ていますが、上部には3本の大きな爆発物が装着されています。本当は物語の中のナーヴギアのように外側からはわからない仕組みにしたかったものの、再現は難しかったそうです。
 
爆発物にはフォトセンサーが接続されており、ヘッドセットにゲームオーバーの画面が表示されると感知、爆発する仕組みとのことです。当然ながらユーザーの頭は吹き飛びます。
 
ちなみにラッキー氏は軍用ドローンや武器などを開発する Andurilの創業者でもあるので、爆発物の入手はお手の物ということなのでしょう。
 
ラッキー氏はブログに「自分が知る限り、これは実際にユーザーを殺害する初のVRデバイスだ。しかしこれが最後の製品にはならないだろう」と記しています。

 
 
Source:The Blog of Palmer Luckey via Vice, ピクシブ百科事典
(lunatic)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる