2022年11月7日 16時31分

読了まで 146

Apple Watchの第2世代フラッシュライトは手首の動きでオンにできる?

apple watch


 
Appleの新たな特許が公開され、Apple Watchの次世代フラッシュライト手首の動きのみでオンにしたり、手首のジェスチャーで光の強さを変えられるようになる可能性が浮上しました。

現行フラッシュライトはオンにするのに数ステップが必要

現在、Apple Watchのフラッシュライトをオンにするには、画面の下部をタッチして押さえたままにしてから、上にスワイプしてコントロールセンターを開き、フラッシュライトボタンをタップし、左にスワイプして、白く点灯、白く点滅、赤く点灯のいずれかのモードを選択する必要があります。
 
今回Apple Watchのフラッシュライトに関する新たな特許が公開され、第2世代フラッシュライトは手首の動きやジェスチャーだけで機能をオンにしたり調整が行える可能性が出てきました。
 
特許図面6G-6Jでは、デバイス#600(Apple Watch)のフラッシュライトのユーザインターフェースが、手の向きによって切り替わる様子が示されています。
 
apple watch
 
いくつかの実施形態では、フラッシュライトはデバイスの回転によって制御され、明るさは向きの変化によって調整され得ると記されています。
 
Appleが特許を申請したからといって、実際に技術が開発されているとは限りませんが、手首の動きによるフラッシュライトのコントロールは将来的に実装が十分に考えられるのではないでしょうか。
 
 
Source:Patently Apple, Apple
(lexi)

カテゴリ : Apple, 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる