2022年11月2日 17時39分

読了まで 138

Xiaomi、コンセプト機「12S Ultra」を公開〜巨大なレンズを背面に装着可能

xiaomi 12s ultra concept


 
Leicaカメラのレンズモジュールを背面に取り付け可能なコンセプトモデルXiaomi 12S Ultra Conceptが公開されました。

もはやただのデジカメに?

XiaomiがLeicaと提携して発表した「Xiaomi 12S Ultra Concept」は、スマートフォンのカメラにカメラレンズモジュールを装着することができるようになっています。標準の12S Ultraと同じく、カメラセンサーはIMX989が搭載されているとみられますが、Leica Mシリーズのレンズモジュールをサポートしているのが大きな相違点です。
 
コンセプト動画内で使用されているのは、Leica Summilux-M 35mm F1.4 ASPHモジュールであるとのことです。ソフトウェア機能として、フォーカスピーキング、ゼブラ表示、ヒストグラム、10ビットRAW撮影などのオプションが確認されています。
 

 
Xiaomiが中国のソーシャルメディアWeiboで公開した画像には、ほぼただのデジカメではないのかと思わせられるところがあります。
 
Xiaomi 12S Ultra Concept
 
 
Source:Android Authority
Photo:@xiaomi/Weibo
(lexi)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる