2022年10月28日 12時34分

読了まで 211

新しいiPad Proのパッケージ、生分解可能な繊維を99%使用

Apple ロゴ


 
は2025年までに、全てのパッケージからプラスチックをなくすという目標を掲げていますが、同社の・社会政策担当副社長であるリサ・ジャクソン氏は、その計画の進捗状況を明かし、新しい Proのパッケージの99%が繊維でできており、完全に生分解性であることを強調しています。

2015年に森林を購入

Appleは2015年、環境保護団体の「The Conservation Fund」と提携して、米メイン州とノースカロライナ州の36,000エーカー(約146平方キロメートル)の森林を購入しました。この取り組みの目的は、持続可能な形で製品のパッケージで使用される素材を確保し、プラスチックの使用量を削減することにあります。
 
今回、ジャクソン氏は自身のTwitter上で、新しいiPad Proのパッケージで、全てのパッケージからプラスチックを完全に取り除くという同社の計画が、どの程度進んでいるのかを明らかにしました。
 

私たちは2025年までに、パッケージからプラスチックをなくすことを目標としています。そのため新しいのパッケージには、持続可能な森林から産出され、100%生分解可能な繊維を99%使用したものを採用しています。

 
なお、ジャクソン氏は、iPad(第10世代)で繊維ベースのパッケージが使われているとしたら、その割合はどの程度なのかについては明言しませんでした。ただし、Appleのプレスリリースには、iPad(第10世代)のパッケージの97%が繊維ベースであると記載されています。
 


 
 
Source:lisapjackson/Twitter,Apple(1),(2) via AppleInsider
(m7000)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる