2022年10月25日 14時07分

読了まで 157

iOS16.1、広告効果計測ツール「SKAdNetwork」の新バージョン利用可能に

App Store


 
は現地時間10月24日、ユーザーのプライバシーに配慮したトラッキングツール「SKAdNetwork」の新バージョンが、iOS16.1及びiPadOS16.1で利用可能になったことを発表しました。

Apple、SKAdNetwork 4.0を発表

SKAdNetworkは、主がアプリのインストールを特定の広告にアトリビュート(属性付け)することによって、広告の成功度を測定することを可能にします。
 
本日発表された新バージョン「SKAdNetwork 4.0」では、アプリ向け広告のパフォーマンスに関してより多くの情報を確認できるようになり、Webベース広告のアトリビューションにも対応しました。
 

  • 階層型ソースID:インストールがどのキャンペーンにアトリビュートされているのかを把握でき、その他のアトリビューション情報も確認できます。
  • おおよそのコンバージョン値:コンバージョン値のプライバシーのしきい値を満たしていない場合は、広告主に限定的なアトリビューション情報を提供し、追加のプライバシーのしきい値が満たされている場合は、詳細なアトリビューション情報を提供します。
  • 複数のコンバージョン:最大3つのポストバックを受信でき、キャンペーンを通じてアプリをインストールしたユーザーが、広告対象アプリをどの程度使用しているかをより正確に把握できます。
  • Web向けのSKAdNetworkアトリビューション:SKAdNetworkは、広告対象アプリのプロダクトページにリンクしている、Webベース広告のアトリビューションに対応しています。

 
なお、同日発表されたiOS16.1正式版及びiPadOS16.1では、多数の新機能が追加されています。
 
 
Source:Apple(1),(2) via MacRumors
(m7000)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる