2022年10月25日 11時42分

読了まで 147

国税がスマホ決済に対応、クレカと異なり手数料は無料〜12月1日から

国税対応Pay払い


 
国税庁は、12月1日から国税の納付方法にスマホ決済を追加するとして、納付手続きを案内するWebページを公開しました。
 
対応するスマホ決済は、「PayPay」「d払い」「au Pay」「LINE Pay」「メルペイ」「Amazon Pay」となっています。

クレジットカードと異なり手数料が無料

政府は、国税など税金支払いのキャッシュレス化を進めており、クレジットカード納付を推奨してきました。
 
しかし、クレジットカード納付は、国民年金保険料を除いて、納税者が手数料を負担する必要があり、キャッシュレス決済普及の妨げとなっています。
 
これに対し、スマホ決済は手数料がすべての税目で無料となっており、キャッシュレス決済普及の切り札となることが期待されます。

国税スマホ決済に関する注意点

ただし、国税のスマホ決済には、次の通り注意点もあります。
 

  • アカウント残高を利用した支払方法のみ利用可能(クレカからの支払いは不可)
  • 印紙を貼り付けて納付する場合等、利用できない税目がある
  • 一度の納付で利用できる上限金額は30万円
  • 領収証が発行されない

 
国税庁は、国税のスマホ決済の詳細や納付手順を案内するWebページを12月1日に公開するとしています。
 
なお、国税のスマホ決済は2022年1月に開始される予定でしたが、システム開発の遅れにより、導入が延期されていました。
 
 
Source:国税庁 via IT media NEWS
(te7373)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる