iPadは将来iPad SE含む3段階のラインアップになる?〜ガーマン記者

    iPad

    iPad
     
    Bloombergのマーク・ガーマン記者はニュースレターPower Onにおいて、iPadは近い将来、エントリーレベル、ミッドレンジ、ハイエンドモデルの展開になると予想しています。

    iPhoneやApple Watchと同じ展開に

    Appleは、iPhoneについては標準シリーズとProシリーズそして廉価版のiPhone SE、Apple WatchもApple Watch、Appl Watch Ultra、Apple Watch SEと、エントリーレベル、ミッドレンジ、ハイエンドの3段階で展開しています。
     
    iPadは現時点では、iPad Pro、iPad Air、iPad、iPad miniがあるもの、棲み分けはiPhoneやApple Watchほど明確ではありません。
     
    これについてガーマン記者は、いずれはiPadのラインアップはiPhoneやApple Watchのように、エントリーレベル、ミッドレンジ、ハイエンドが明確になるだろうとし、以下のようなラインアップにすべきと意見を述べています。

    将来のiPadラインアップとは

    • iPad SE(エントリーレベル):このモデルは現在のiPad(第9世代。米国での価格は329ドル)のように350ドル以下の価格に設定すべき。ただしAppleは利益幅を犠牲にしない企業なので、この価格のモデルの登場には時間がかかるかも知れない。
    •  

    • iPad/iPad mini(ミッドレンジ):Appleは3種類のiPad(新しいエントリーレベルiPad、iPad Air、現行のiPad mini)の機能とスペックを統合し、標準的な機能を持つiPadとiPad miniをリリースすべき。
    •  

    • iPad Pro(ハイエンド):これは現行のiPad Proと同じだが、他のモデルと差別化するための機能向上が必要。

     
    この「iPad SE」が登場するという予想は、海外メディアMyDriversやMacworldも伝えたばかりです。
     
    またガーマン記者はiPad用キーボードについて、すべてのiPadが同じMagic Keyboardに接続できるようにすべきだろうとも述べています。
     
     
    Source:Power On
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次