2022年10月17日 15時32分

読了まで 213

Apple Trade Inプログラム利用でiPhoneが盗まれる事態に

Apple Trade in


 
米メディア9to5Macのエディター、チャンス・ミラー氏が、Apple Trade Inプログラムを利用したところ、送ったはずのiPhone13 Pro Maxが行方不明になりました。同氏はその顛末とApple Trade Inの問題点を指摘、解決策を提案しています。

iPhoneを送ったはずの箱は空っぽだった

ミラー氏はiPhone14 Pro Maxを購入するため、今まで使っていたiPhone13 Pro MaxをApple Trade Inプログラムを使って送りました。同氏は過去にも何度も同プログラムを利用しており、今までは問題が起きたことはなかったそうです。
 
ところがiPhone13 Pro Maxを送ってから1週間半が経過した時点で、「トレードインキットの箱は届いたが中は空だった」というメールが届きました。なお箱はきちんと封がされていたそうです。
 
つまり何者かが途中で箱を開け、iPhoneを抜き取ったうえで元通りに箱を閉じたということになります。

実は頻繁に起きていた盗難問題

ミラー氏がこの一件をTwitterに投稿したところ、ほかの人々の返信から、このApple Trade Inでの盗難問題は頻繁に発生していることがわかりました。Redditにも似たような投稿がいくつも見られたそうです。
 
幸いAppleはこうした問題に即座に対処しており、ミラー氏の場合もすぐに「調査する」との返信があり、トレードインの代金は振り込まれたそうです。

下取りに出したiPhoneを追跡できる機能をつけるべき

ミラー氏はApple Trade Inプログラムの問題点は、Appleが配送は無論のこと、製品の受取や在庫管理などプログラムのほとんどを、サードパーティーに委託していることだと指摘します。
 
同氏のTwitterへの投稿に対する多くのアドバイスは「郵送せずに直接Apple Storeに持ち込む」というものでした。しかしこれはApple Storeが近くにない人には使えない方法です。
 
そこでミラー氏が提案するのは、iPhoneに「トレードイン・モード」とでもいうべき機能をつけ、確実にAppleのもとへ届くまで、「探す」のような追跡機能が使えるようにする、というものです。確かにそうすれば、盗難にあった場合でも、追跡が容易になります。

 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる