2022年10月17日 08時22分

読了まで 158

iOS16、密かにDvorak配列に対応〜ウォズニアック氏がファン

Dvorak配列のキーボード


 
さまざまな新機能が追加されたiOS16ですが、密かに文字入力用のソフトウェアキーボードにも新機能が追加されていました。
 
Appleの共同創業者であるスティーブ・ウォズニアック氏も愛用しているとされるDvorak配列が利用可能になっています。

アルファベット入力が効率的におこなえるDvorak配列

Dvorak配列とはキーボード配列の一種です。
 
一般的なキーボードが採用している配列はQWERTY配列と呼ばれ、普及率は高いものの、同じ指/手でキーをたたくことが多いなど効率がよくないとされています。
 
Dvorak配列は1932年にワシントン大学のオーガスト・ドボラック氏が考案したもので、英文入力時に上段と下段の使用頻度を低く、指の移動距離が短くなるように設計されています。
 
また、右手と左手をできるだけ交互に使えるようにし、片方の手に過度な負担がかからないように配慮されています。
 
著名人のなかにもDvorak配列の愛用者が多く、Appleの共同創業者であるスティーブ・ウォズニアック氏もその1人とのことです。

iOS16の英語キーボードがDvorak配列に対応

そんなDvorak配列にiOS16の英語キーボードが密かに対応していました。
 
日本語版のiOS16でも、一般→キーボード→キーボード→英語(日本)でDvorak配列の存在が確認できます。
 
日本語版iOS16のDvorak配列
 
日本語版iOS16のDvorak配列キーボード
 
残念ながら日本語入力の場合、強制的にQWERTY配列となりDvorak配列は利用できませんでした
 
iOS16の日本語入力用QWERTY配列キーボード
 
Dvorak配列は英文入力のために考案された配列ですが、母音がホームポジション近くに集まっていることから、日本語入力の場合でもQWERTY配列よりも有利とされています。

 
 
Source: The Verge
(ハウザー)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる