2022年10月13日 00時15分

読了まで 138

iPhone15シリーズがUSB-Cに移行しても、充電速度はそれほど速くならない?

iPhone15 USB-C AH


 
MacDailyNewsが、iPhoneの外部接続端子がLightningからUSB-Cに移行しても、充電速度が速くなることに過度な期待を持たないほうが良いと伝えています。

Androidスマホのような高速充電実現は期待できない

Appleは2023年モデルのiPhone15シリーズで、外部接続端子をLightningからUSB-Cに変更するとみられています。
 
USB-C端子を搭載したAndroidスマホでは、Xiaomi Mi 10 Ultraが120ワット有線充電に対応していますが、AppleがiPhoneでそれに対応することはなく、高速化しても30ワットと、BGRのクリス・スミス氏は予想しています。
 
その理由として、高速充電とそれによるバッテリーの劣化防止を両立するのが困難であることを同氏は挙げています。

データ転送速度が高速化

ただし、USB-Cへの移行により、iPhoneをバックアップする場合などにMacと接続した場合のデータ転送速度が速くなることは期待できると、MacDailyNewsは述べています。
 
 
Source:BGR via MacDailyNews
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)

カテゴリ : iPhone15, 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる