2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Windows 11 2022 Updateで大きなファイルのコピー速度が低下

    Windows 11のロゴ

    Windows 11のロゴ
     
    先日リリースされたWindows 11 2022 Update(22H2)に、サイズの大きいファイルのコピー速度が遅い問題があることがわかりました。
     
    Microsoftはこの問題の存在を公式に認め、対策を進めています。

    サイズの大きいファイルのコピー速度が最大40%低下

    Microsoftのコミュニティサイトに、Windows 11 2022 UpdateでSMB経由でギガバイト単位のファイルをコピーすると、コピー速度が最大で40%低下するという報告が投稿されました。
     
    この報告はSMB経由でのコピーに関するものですが、ローカルファイルのコピーでも同様の問題が起こるようです。
     
    Microsoftはこの問題を公式に認め、現在調査と修正をおこなっています。
     
    問題が解決されるまでは、コマンドプロンプトで”robocopy”コマンドに”/J”オプションをつけてコピーをおこなうか、”xcopy”の利用が推奨されています。

    GPUやプリンタの不具合も

    Windows 11 2022 UpdateはWindows 11 22H2とも呼ばれる、Windows 11初の大型アップデートです。
     
    大型アップデートだけにさまざまな不具合が報告されており、そのなかにはNVIDIA製GPUの性能低下や印刷機能の問題が含まれています。
     
    Windows 11 2022 Updateはまだ自動配信されていませんが、できるだけ安全にPCを使いたいなら手動アップデートは当面見合わせたほうがよいかもしれません。

     
     
    Source: Microsoft via Neowin
    (ハウザー)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次