2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iOS16.1ベータで初代AirPods Proでも「適応型環境音除去」が設定に追加

    airpods pro 2

    airpods pro 2
     
    第2世代AirPods Proで追加された新機能の1つとして、特定の音を最小化しながらも周囲の重要な音は聞こえるという「適応型環境音除去」が挙げられますが、iOS16.1ベータ3のリリースに伴い、初代AirPods Proでも同機能の設定オプションが表示されるようになった、と伝えられています。

    最新ベータには新たなファームウェアも付属?

    AppleはAirPods Pro(第2世代)の適応型の外部音取り込みモードについて、下記のように説明しています。
     

    外部音取り込みモードは、ユーザーが周囲の世界とのつながりを保ち、認識できるようにします。適応型環境音除去は、このお客様が気に入っている機能をさらに進化させます。パワフルなH2チップにより、通過する車のサイレン、工事の音、さらにはコンサートでの大音量スピーカーなどの大きな周囲のノイズをオンデバイス処理で抑えることができ、日常的により快適なリスニングが実現します。

     
    Redditで一部のユーザーが指摘しているように、最新のiOS16.1ベータバージョンには、第1世代AirPods Proの適応型環境音除去を有効にする新しいAirPodsベータファームウェア(ビルド番号:5A304a)も付属しているそうです。ただし、この機能が実際に機能するのか、それとも単なるバグなのかは、現時点では不明となっています。
     
     
    Source:9to5Mac
    Photo:Apple
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次