2022年9月29日 23時42分

読了まで 24

Webメディアがハッキングに遭い、Apple Newsで卑猥な内容送りつける

apple music


 
Newsのプッシュ通知機能を悪用して、悪意ある攻撃者らがビジネスニュースサイトを乗っ取り、わいせつな内容をユーザーに複数回送りつける出来事がありました。

Appleも強い言葉で非難

ニュースサイトThe Vergeによると、悪意を持つ攻撃者が27日夕方(現地時間)、ビジネスニュース中心の配信を行うFast Companyのアカウントを乗っ取り、Apple News経由で人種差別的な中傷やわいせつな内容を立て続けにユーザーへ送りつけたそうです。
 
さらに悪意ある攻撃者らはリンク先で、Fast Companyのデータベースから数千もの従業員の記録や下書きも公開できる状態にあることも明かしました。
 
Apple NewsはすぐにFast Companyのチャンネルを無効化し、Twitterで「信じがたいほど不快なアラート(incredibly offensive alert)が送られた」と認めることで対応しました。
 


 
またFast Companyも「メッセージは下品で、Fast Companyのコンテンツや思想とは相容れないものだ」と強く批判、による配信であると釈明しました。

個人情報は無事だったが

幸いにも今回、ユーザーの個人情報はハッキング対象とは異なるデータベースにあったため、被害は最小限に抑えられました。
 
しかし、9月半ばにもハッカーがUberに対して大規模攻撃を仕掛けた結果、社内システムの大半が乗っ取られる事態にまで発展したばかりであるため、大企業のセキュリティ意識向上が今一度求められていることは確かでしょう。
 
 
Source:AppleInsider,The Verge
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる