2022年9月27日 18時07分

読了まで 151

iOS16でシネマティックモードで撮影した動画に認識上の不具合が発生

シネマティックモード


 
iOS16の正式版がリリースされてから2週間が経過し、いくつかのが報告、修正されていますが、シネマティックモードで撮影したiMovieおよびFinal Cut Proで認識されなくなるバグが生じていると報告されています。

Appleはまだ公式にバグを認識していない

AppleサポートフォーラムとRedditで、Appleの動画エディターであるiMovieFinal Cut Proで、iOS16のシネマティックモードで撮影した動画が開けなくなるが発生している、との報告がありました。
 
iOS16がFinal Cut Proの機能を壊したとみられており、「シネマティック効果を有効にできません」というエラーが表示されるとのことです。別のユーザーによれば、このエラーはiMovieを使用する場合にも発生するそうです。
 
残念ながら、Appleはこのバグをまだ認めておらず、バグ修正のためのソフトウェア・アップデートも提供されていません。一時的なバグ回避策として、でシネマティック動画で撮影された動画を編集し、その動画をAirDropでMacと共有する方法が提案されています。
 
iPhone13モデルで導入された、シネマティックモードでは、ビデオの被写体をくっきりさせながら前景と背景を美しくぼかす被写界深度エフェクトを適用することができます。「写真」では、シネマティックモードのビデオで、焦点を合わせてエフェクトを適用する被写体を変更したり、背景のぼかし具合(または被写界深度)を調整したりすることが可能です。また、エフェクトをオフにすることもできます。
 
 
Source:9to5Mac, Apple
(lexi)

カテゴリ : iOS, 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる