2022年9月27日 02時12分

読了まで 157

Apple、ロンドンのバタシー発電所に新オフィスを2023年初頭にオープン予定

バタシー発電所


 
英ロンドンを訪れているAppleティム・クック最高経営責任者(CEO)は、南西ロンドンのインナーシティ地区バタシー・ナイン・エルムズのテムズ川南岸にある、廃火力発電所、バタシー発電所(Buttersea Power Station)に新オフィスをオープンすると発表しました。

新キャンパスの完成予想図の写真を投稿

今回の計画が最初に発表されたのは2016年で、現在ロンドン8カ所に散らばっている1,400人のApple従業員が、新キャンパスに移されるということでした。ロンドンのApple直営店を訪問する様子を投稿したクックCEOは、続けてバタシー発電所の新キャンパスの完成予想図の写真を共有しました。
 


 
クックCEOは、ロンドンの地方紙Evening Standardに対して、「Appleは40年以上にわたってロンドンのコミュニティの一員であり、近々、歴史あるバタシー発電所に私たちのチームの一部を集結できることを大変うれしく思っています」とコメントしています。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Tosh Marshall/Wikimedia Commons
(lexi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる