2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iOS16.1開発者向けベータ1で、米国向け新機能「クリーンエネルギー充電」が追加

    Clean Energy Charging

    Clean Energy Charging
     
    現地時間9月14日に開発者向けに公開されたiOS16.1ベータ1で、iPhoneの二酸化炭素排出量を削減することを目的とした新機能「クリーンエネルギー充電」が追加されていることが明らかとなりました。

    米国ユーザー向け新機能、iOS16.1ベータ1で追加

    新機能「クリーンエネルギー充電」は、「設定」アプリの「バッテリー」から、オン/オフの切り替えが可能で、より二酸化炭素排出量の少ないエネルギー源を利用可能な時に充電時間を最適化することで、より環境に配慮した充電方法を提供することを目的としています。
     
    Appleによると、この設定を有効にすると、ユーザーの日常生活に基づいてiPhoneが必要となる前に完全に充電されます。なおデフォルトの設定では有効となっていますが、無効にもできます。
     
    同社は、iOS16のリリース時に、クリーンエネルギー充電について初めて言及しました。この機能は、2022年後半に公開されるiOS16のアップデートにおいて、米国ユーザー向けに提供される予定です。
     
    なお、iOS16.1ベータ1のほか、watchOS9.1、tvOS16.1の開発者向けベータ1及びiPadOS16.1開発者向けベータ2も公開されています。
     
     
    Source:Apple via MacRumors
    Photo:MacRumors
    (m7000)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次