iOS16のロック画面のカスタマイズでも変えられないこととは? - iPhone Mania
トップページ > iOS > iOS16のロック画面のカスタマイズでも変えられないこととは?
2022年9月13日 16時18分

読了まで 157

iOS16のロック画面のカスタマイズでも変えられないこととは?

iOS16


 
iOS16では、新しいロック画面が導入されており、以前のバージョンのOSと比べてカスタマイズの幅が広がりましたが、それでも変更できないものも存在する、と米メディア9to5Macが指摘しています。

iOS16の新たなロック画面とは?

iOS16新しいロック画面はこれまでと比べかなり変化していますが、一方でiOSのインターフェースの基本的な側面が踏襲されており、馴染み深くも感じられます。
 
人工知能による画像内のオブジェクト識別のおかげで、壁紙がロック画面上で時間と連動するようになっており、写真に特定の色味を適用したり、白黒にしたりとさまざまなフィルタオプションも用意されています。
 
また、時計のスタイルは8種類が追加されており、好きな色でカスタマイズできます。加えて、ロック画面のウィジェットで素早く情報を参照できるオプションも追加されました。

カスタマイズできないこともある

iOS16でロック画面のカスタマイズでは、ウィジェットと時計を画面上で動かすことはできません。すべての要素に固定グリッドがあり、ロック画面にウィジェットを追加すると、そのサイズに応じて、画面の右または中央に自動的に配置されます。ウィジェットとウィジェットの間にスペースを空けることはできません。
 
また、ロック画面に表示されるフラッシュライトとカメラのボタンも変更することはできません。これらのウィジェットが行えることは、それぞれのアプリにリダイレクトさせることだけです。
 
ライブアクティビティを使えば、開発者はさまざまな情報をリアルタイムで更新するロック画面カードを作成できるようになりますが、APIはまだサードパーティーアプリに対応していません。また、新しいロック画面はiPhone専用であり、iPadOSでは利用できないため注意が必要です。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple
(lexi)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる