Apple、iPhoneのサブスク販売導入に向けテスト中〜年内にも導入か - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Apple、iPhoneのサブスク販売導入に向けテスト中〜年内にも導入か
2022年9月11日 22時26分

読了まで 22

Apple、iPhoneのサブスク販売導入に向けテスト中〜年内にも導入か

iPhone14 外箱


 
Appleが、iPhoneサブスクリプション方式で販売する計画を準備しており、早ければ年内にも開始されるとBloombergのマーク・ガーマン記者が伝えています。

Appleはサブスクサービスを精力的にテスト中

Bloombergのマーク・ガーマン記者は、3月からAppleがハードウェアのサブスクリプションサービスの導入を準備していると伝えており、先日は「年内導入は確実だろう」と強調していました。
 
ニュースレター読者からの「Appleのハードウェアサブスクリプションサービスはまだ計画中ですか?」という質問にガーマン氏は、AppleはApple Oneと統合したサブスクリプションサービスを準備しており、新サービスを精力的にテストしている、と答えています。
 
同サービスの開始時期についてガーマン氏は「今年または来年」と、先日の「今年中」からややトーンダウンしているものの、導入時期が近いことに自信を示しています。

iPhone14発売と同時導入しなかったのは発売日の混乱回避か

Appleがハードウェアサブスクリプションサービスの開始をiPhone14シリーズ発売と同時にしなかった理由についてガーマン氏は「発売日の混乱を回避するためだろう」と推測しています。
 
ガーマン氏は、サブスクリプションサービスについて「iPhoneを購入するまったく新しい方法になる」としています。

ユーザーは月々の負担を軽くiPhoneを購入可能に

iPhoneの販売にサブスクリプション方式が提供されれば、ユーザーは分割払いよりも月々の支払いを抑えることができ、新モデルの発売後に買い替えがしやすくなるメリットがあります。
 
Appleにとっては、買い替えサイクルが長期化したiPhoneの販売台数が増えるほか、Apple Oneの利用者が増えることで、サービス部門の収益も押し上げる効果があると見込まれます。

 
 
Source:Power On/Bloomberg
Photo:Anthony/Twitter
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる