今夜9時予約開始!iPhone14 予約を最速・確実に決める5つのポイント - iPhone Mania
トップページ > iPhone14 > 今夜9時予約開始!iPhone14 予約を最速・確実に決める5つのポイント
2022年9月9日 16時01分

読了まで 648

今夜9時予約開始!iPhone14 予約を最速・確実に決める5つのポイント

iPhone14 予約 ソフトバンク ドコモ au 楽天モバイル Apple


 
Apple Storeと国内キャリアのソフトバンク、au(KDDI)、NTTドコモ、楽天モバイルなどで、きょう2022年9月9日(金)午後9時より、iPhone14、iPhone14 Plus、iPhone14 Pro、iPhone14 Pro Maxなどの予約受付が始まります。発売日はiPhone14 Plusのみ10月7日(金)、その他iPhone14シリーズの3モデルは9月16日(金)です。
 
iPhone14シリーズは、昨年秋発売のiPhone13から正統進化した4モデルで、5.4インチのminiが廃止された代わりに、6.7インチのPlusが復活しました。この記事ではなるべく早く、確実にiPhone14を予約するためのポイントを解説します。
 

1
iPhone14シリーズは4モデル!
Pro/Pro Maxは前面上部のノッチが刷新

iPhone14(6.1インチ)、iPhone14 Plus(6.7インチ)

iPhone14、iPhone14 Plusは、iPhone13 Proに搭載されていたA15チップを採用した6.1インチ端末、6.7インチ端末です。
 
iPhone14
 
前面カメラには新しいTrueDepthカメラを搭載し、F値1.9と明るいレンズを採用しています。iPhone14シリーズすべてで新技術のPhotonic Engineを搭載しており、低照度下での画質を向上させることができます。
 

  • 【速報】iPhone14とiPhone14 Plusが発表!6.7インチモデル追加
  •  

    iPhone14 Pro(6.1インチ)、iPhone14 Pro Max(6.7インチ)

    iPhone14 Pro、iPhone14 Pro Maxは、ディスプレイ前面上部のノッチ(切り欠き)が廃止され、アニメーションで柔軟な操作や表示が可能な「Dynamic Island」に進化しました。メッセージ受信時や着信時、音楽の再生中などに最適な通知に切り替わり、タップするとそのまま操作することも可能です。
     
    iPhone14 wallpaper_3
     
    また、常時点灯ディスプレイを搭載しており、ロック画面ではリフレッシュレートが最小1Hzになるほか、壁紙の明るさを最小限に落とすことで消費電力を抑えています。
     
    さらにメインカメラは最大4,800万ピクセルに拡大。第2世代の光学式手ぶれ補正、24ミリの焦点距離などにより、明るさの足りない場面でも綺麗な写真が撮影可能です。
     

  • 【速報】iPhone14 Pro/Pro Max発表!ノッチを廃止、画面は常時点灯
  •  

    4モデル共通の新機能も

    iPhone14シリーズの4モデルともに、同時に発表されたApple Watch Series 8などに搭載された新機能「衝突事故検出機能」を搭載。本体に搭載されたジャイロセンサーと加速度センサーを活用し、自動車運転中の衝突事故を検出して緊急通報を行います。
     
    またiPhoneシリーズとして初めて、衛星通信機能に対応しました。電波が届かない場所での「探す」位置情報取得や、緊急時のメッセージ送信などができます。
     

    2
    予約タイミングが最も重要!予約開始日当日に予約しよう

    これまでは新型iPhoneの発売日当日に、Apple Storeの前には当日購入したい方の長蛇の列ができるのが恒例の光景でした。AppleはiPhone6sごろからオンラインでの予約を推奨しているほか、近年は新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、Apple Store、各キャリアともに、オンラインでの予約を推奨しています。
     
    近年の新型iPhoneは、予約受付開始から十数分後には、発売日当日に届く初回出荷分が終了していることも増えています。予約手続きがスムーズでないと、発売日当日に入手するのは難しくなるでしょう。
     
    iPhone 14 order
     
    Apple Storeや各キャリアでは、予約受付開始直後は初回出荷分を確保していますが、この確保された在庫は、発売日以降は予約済みユーザーへの割り当て分でなくなることが多いです。そのため、予約せずにショップや家電量販店を訪れても、当日その場で購入できない可能性もあります。ただしキャンセルなどで当日在庫がある場合もあるため、予測しにくい部分です。
     
    予約するタイミングが遅くなるほど、iPhone14を入手するまでにかかる時間が遅くなるため、可能な限り早く入手したい場合は、きょう9月9日(金)午後9時からの予約受付開始直後にすばやく予約手続きをしましょう
     

    3
    人気が集まりそうなカラー・モデルは可能なら避けよう

    新型iPhoneの発売日当日、なるべく早くに入手するには、どのモデルを選ぶかも大事なポイントです。
     
    これまでの新型iPhone発売時は、より大きいストレージ容量、カラーは新色や復刻された色などに人気が集中する傾向で、発売日当日に届く初回出荷分がなくなりやすいです。人気が集中しそうなモデルを選択肢からはずすことで、早期に入手できる可能性が高まります。
     
    これまでの例では、iPhone5sの発売時はゴールド、iPhone7ではジェットブラックといった新色が爆発的な人気を誇り、いずれも発売してから数か月間は、キャリアショップでも家電量販店でも在庫切れしている状況でした。予約はできるもののいつ入荷されるかはわからず、予約受付開始直後に予約完了した場合でも、入手できるまで1カ月以上かかったという報告もありました。
     
    オンライン予約でも盤石ではありません。予約手続きで出遅れると、欲しいモデルが入荷するまで待つ必要があります。特に近年はコロナ禍の影響により、Apple Store、キャリアともにオンライン予約を推奨していることから、オンライン予約での”競争相手”が増えていると考えてよいでしょう。
     
    予約注文の手続きタイミングや選んだiPhoneのカラー、モデルによっては、自分よりも遅く予約した人の方が、先にiPhone14を入手する可能性もあります。
     
    iPhone14シリーズにおいては、iPhone14とiPhone14 Plusにパープル、iPhone14 ProとiPhone14 Pro Maxにディープパープルの新色が追加されたため、これらの色に人気が集まるとみられます。
     
    iPhone14 Pro
     
    またユーザーの好みで人気はわかれそうですが、これまでの128GB/256GB/512GBラインアップでは256GBモデルが最も人気でしたが、iPhone14 Pro/Pro Maxではさらに1TBも選択できるため、256GBモデル、または512GBモデルが人気になる可能性があります。ただ円安の影響によりiPhone14 Proの512GBモデルは約20万円となっているため、16万円台で購入できる256GBの方を選ぶユーザーが多いかもしれません。
     
    ケースやカバーを利用するなどでiPhone本体のカラーにこだわりがない場合は、従来からあるカラー・モデルを選ぶことで、早期に入手できる可能性があります。とりあえず早くiPhone14が欲しい!という方は、人気色・モデル以外を選ぶのも一つの選択肢でしょう。
     

    4
    予約完了後は新たに予約を入れ直さない

    新型iPhoneをキャリアで予約する場合は、いったん在庫を確保するための「仮予約」と、在庫各保護に詳細な契約者情報で申し込む「本申し込み」の2段階の手続きが必要です。
     
    機種変更の場合は特に注意が必要ですが、iPhone14の仮予約が完了したら、キャリアショップ店頭や家電量販店など、他の方法で予約し直さないようにしましょう。例えばキャリアのオンラインショップで予約した後に、店舗で新たに予約手続きをしてしまうと、利用中の携帯電話番号でユーザー情報が識別され、オンラインショップでの予約がキャンセル扱いになる可能性があります。
     
    予約の順番待ちの列に並び直すような状態になりますので、予約手続きが完了したら、iPhone14向けアクセサリーなどを準備しながら、本申し込みの連絡を待ちましょう。
     
    予約は抽選ではなく申し込み順の対応となります。予約受付開始後は続々と予約者が増え続けますので、予約し直すと、iPhone14を入手するまでかかる時間が増えることになるかもしれません。
     

    5
    非対面ですばやく予約できるオンラインがおすすめ

    iPhone Maniaでは毎年、オンラインでの予約をおすすめしています。その理由は「いつでも」「どこでも」「簡単に」「すばやく」予約できるためです。
     
    iPhone14はApple Storeや大手キャリアのソフトバンク、au、NTTドコモ、楽天モバイルのほか、家電量販店でも予約できます。ただし近年はコロナ対策として、キャリアショップ店頭で予約手続きしたい場合でも、あらかじめ店舗への来店予約が必要となっているところが多いです。
     
    予約した時間に訪れても、スタッフが他の方の応対中であれば待ち時間が発生します。予約受付開始日当日は特に混雑することが見込まれます。
     
    また一部のキャリアショップでは、iPhoneの予約時に頭金が必要となるケースも報告されています。これはキャリアショップのほとんどが直営店ではなく代理店の運営で、代理店での販売はオープン価格となるため、ショップ側が価格を設定できることが理由です。しかしキャリアのオンラインショップは直営店ですので、頭金は発生しません
     
    自宅や外出先でも、スマホやパソコンから手軽に、スムーズに予約できるのがオンライン予約です。スタッフと対面して話す必要がないため、コロナ禍にあっても新型iPhoneを予約購入したい方に特におすすめできる予約方法です。
     

    Apple Storeで予約する場合

    Apple Storeでは準備のため、予約受付開始時刻より6時間ほど前からメンテナンス入りすることが多いです。メンテナンス中はApple Storeの購入に関する手続きが一切できず、あらかじめカートに入れておくことなどもできません
     
    ただしメンテナンスに入る前に、購入予定のiPhoneをあらかじめお気に入り登録しておくことで、メンテナンスが終わり予約受付開始となった際に、すばやく予約注文できます。
     

  • iPhone14を最速予約するにはアプリが最強!事前に「お気に入り」登録しておこう!
  •  

    キャリアのオンラインショップで予約する場合

    ソフトバンク、NTTドコモ、au、楽天モバイルといったキャリアで予約する場合は、必要最小限の個人情報で申し込む「仮予約」と、キャリア側で在庫を確保した後に、必要なすべての情報とともに申し込む「本申し込み」の2段階での手続きとなります。
     
    iPhone SE 第2世代 キャリア ソフトバンク ドコモ au 予約 KDDI softbank docomo
     

    本申し込みを完了するまで購入は確定されないため、購入するかどうか悩んでいる方もひとまず仮予約をしておき、本申し込みの連絡を受けた段階であらためて購入を検討する、ということも可能です。仮予約段階ではキャンセル料などはかからず、デメリットはありません
     

    iPhone 14、予約ポイント5つのおさらい

    iPhone 14を早く、確実に入手するための5つのポイントのおさらいです。
     

  • 早期に、確実に入手するには予約が必須!
  • 予約受付開始日になるべく早く予約完了!
  • 人気が集中しそうなモデルは可能なら避ける!
  • 予約後はほかで予約し直さない!
  • 店頭予約よりオンライン予約!
  •  
    より詳しくオンライン予約のメリット、機種選びのチェックポイントを解説するiPhone予約特集ページはこちら!

  • iPhone 14を予約!オンラインでいち早く購入する方法とメリットまとめ
  •  

     
     
    (asm)

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる