iOS16、AirPodsの偽物を接続しようとするとユーザーに警告 - iPhone Mania
トップページ > AirPods > iOS16、AirPodsの偽物を接続しようとするとユーザーに警告
2022年9月8日 12時34分

読了まで 29

iOS16、AirPodsの偽物を接続しようとするとユーザーに警告

AppleEvent AirPods Pro(第2世代)


 
iOS16では、偽物のAirPodsを検知するとユーザーに警告し、ペアリングを中断可能になることが分かりました。AirPods Pro(第2世代)の充電ケースに刻印がされていれば、接続時にその内容がiPhoneやiPadの画面に表示されます。

AirPodsの機能まで真似した偽物の接続時に警告

Appleが開発者向けにリリースしたiOS16のリリースキャンディデート(RC)を解析したところ、偽物のAirPodsをペアリングしようとすると警告メッセージが表示されることが分かった、と米メディア9to5Macが報じています。
 
警告の対象となるのは、AirPodsシリーズの見た目だけではなく、Appleの独自機能であるiPhoneと簡単にペアリングできる機能や、接続時にバッテリー残量を表示できる機能を真似した、世界的に多く出回っている偽物です。一般的なサードパーティー製のBluetoothイヤホンには影響しません。

「正規品でなく、正常に動作しない可能性」

9to5Macによると、iOS16では偽物のAirPodsをペアリングしようとすると「このヘッドホンは正規品であることが確認できません。正常に動作しない可能性があります」という内容のメッセージが表示されるそうです。
 
ユーザーは「接続を中止」をタップしてペアリングを中断することもできますが、少なくとも現時点では偽物のAirPodsのペアリングを強制的にブロックする仕様にはなっていない、と9to5Macは伝えています。

刻印の内容を画面表示可能に

iOS16では、AirPods Pro(第2世代)の充電ケースに刻印された文字や絵文字、ミー文字の内容を記憶し、接続時に刻印の内容を表示可能になることも分かった、と9to5Macは伝えています。
 
Apple AirPods ミー文字 刻印
 
なお、ミー文字の刻印はApple Storeアプリからの注文の場合のみ有効で、AirPods Pro(第2世代)だけでなく、AirPods(第2世代)とAirPods(第3世代)にも対応しています。
 
AirPods Pro(第2世代)は日本時間9月9日の午後9時に予約受付が開始され、9月23日から販売が開始されます。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる