2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Snapdragon 8 Gen 2とソニー製1億画素センサー搭載が来年は一般化?

    Xiaomi 13 ultra

    Xiaomi 13 ultra
     
    リーカーのDigital Chat Station氏が、2023年のAndroidスマホは、多くのモデルがSnapdragon 8 Gen 2ソニー製1億画素イメージセンサー「IMX989」を搭載するとの予想を伝えました。

    2023年に1億画素センサーが広く普及と予想

    Snapdragon 8 Gen 2ソニー製1億画素イメージセンサー「IMX989」を搭載するモデルとして、Xiaomi 13 Ultraが年内に発売されると噂されています。
     
    同モデルは中国国内だけではなく、世界中で販売される見通しです。
     
    同デバイスはプレミアムモデルに位置づけられますが、2023年になるとこれらのシステム・オン・チップ(SoC)やイメージセンサーが600ドル(約82,800円)以下のAndroidスマホにも普及するとの情報を入手したと、Digital Chat Station氏は述べています。
     
    Digital Chat Station氏の情報元は、Snapdragon 8 Gen 2搭載スマホはXiaomi 13 Ultra発表と同時期に他社からも発表されると予想しています。
     
    また、IMX989は、各社の580ドル(約8万円)〜725ドル(約10万円)台のスマホにも搭載される可能性があるようです。
     
     
    Source:Digital Chat Station/Weibo via Notebookcheck,91mobiles
    Photo:xiaomiui
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次