2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    『Later Cam』で使い捨てカメラで写真を撮っているかのような感覚が味わえる

    Later Cam

    Later Cam
     
    アナログカメラのような写真撮影体験だけでなく、撮影した写真のプリントサービスも提供する『Later Cam』を、TechCrunchが取り上げています。

    プレビューを見たり、編集したりすることは不可

    Later Cam』アプリの「デジタル使い捨て」モードで「使い捨てカメラ」のスタイルを選ぶと、最大27枚の写真を撮影することができます。昔の使い捨てカメラのように、撮影後にプレビューを見たり、画像を編集することはできませんが、旧式のファインダーを使用するか、フルスクリーンのファインダーを使用するかは選択できます。レンズの切り替えや、フラッシュのオン/オフも可能となっています。
     
    また、「パーティーカム」モードで、あたかも1つのカメラを共有しているような体験ができます。共有カメラへのリンクを送信し、友人をカメラに招待することが可能となっています。

    写真を閲覧できるまで3日かかる?

    Later Camで撮影した「現像」されたデジタル写真を見ることができるのは、27枚の写真をすべて撮影し終わってから3日後となっています。
     
    「早く現像する」オプションを使えば、リールを巻ききらなくても写真を見ることができますが、そのカメラの未使用枠を失ってしまいます。

    撮影した写真を自宅に送ってもらえる

    Later Camで撮影した写真は、有料ですが自宅に送ってもらうことができます。
     
    料金は5枚で3.99ドル(約560円)、10枚で5.99ドル(約840円)、17枚で8.99ドル(約1,260円)、27枚すべてで12.99ドル(約1,820円)となっています。また、270枚の写真を149ドル(約20,900円)で提供するウェディングパッケージも用意されています。
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次