AppleのMRデバイス用か〜マイクロOLED開発でLGとSK Hynixが業務提携

    Apple VR AH

    Apple VR AH
     
    韓国メディアET Newsが、LG DisplayとSK Hynixがマイクロ有機EL(OLED)ディスプレイ開発における業務提携を検討していると報じました。

    2025年の出荷に向けて製造ライン整備か

    マイクロOLEDディスプレイは、Appleの複合現実(MR)ヘッドセットへの搭載が噂されており、第1世代製品にはソニー製の同ディスプレイが、第2世代製品にLG Displayの製品が搭載されると噂されています。
     
    アナリストのミンチー・クオ氏はMRヘッドセットについて、2023年1月に第1世代製品が発表され、第2世代製品の発表は2025年になると予想していました。

    画素サイズ微細化に半導体製造技術必要と指摘

    LG DisplayとSK Hynixの業務提携内容は、マイクロOLEDディスプレイの開発と製造に関するものとET Newsは伝えています。
     
    両社の業務提携の理由についてET Newsは、マイクロOLEDディスプレイの画素サイズはOLEDディスプレイと比べて大幅に小さいため、半導体製造技術が不可欠だがLG Displayはそれを備えていないことから、SK Hynixなどその分野の専門企業との協力が欠かせないと述べています。
     
    OLEDoS
     
     
    Source:ET News
    Photo:Apple Hub/Facebook
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次