iPhoneやiPadの筐体側面や背面に操作部を搭載する特許取得 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > iPhoneやiPadの筐体側面や背面に操作部を搭載する特許取得
2022年8月14日 20時20分

読了まで 135

iPhoneやiPadの筐体側面や背面に操作部を搭載する特許取得

iPhone concept


 
米国特許商標庁(USPTO)が現地時間2022年8月2日、Appleが出願していた、iPhoneやiPadの筐体側面や背面に操作部を搭載する特許を付与しました。

ディスプレイ以外も操作部として活用しようとする特許

本特許の概要欄には、電子機器の筐体外面に配置される触覚操作部に関するものと記載されています。
 
Apple Patent 20220802_1
 
触覚操作部が配置される筐体外面について特許では、触覚操作に対応するガラス部は摩擦抵抗を増やすための加工が施され、滑らかなものではないと説明されています。
 
Apple Patent 20220802_2
 
ガラス部に触れて行う操作には、タッチ入力、タップ、圧力を加えながらの操作が含まれています。
 
圧力を加えながらの操作は、3D Touchのようなものを想定しているのかもしれません。
 
Appleは、筐体全面をガラス素材とし、筐体側面や背面を表示部および操作部に活用する特許も取得しています。
 
 
Source:USPTO via Patently Apple
Photo:You Tech/YouTube
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる